2012.6.6
プログラム著作物登録およびエスクロウサービス説明会
SOFTIC_logo


当財団にて行っておりますプログラム著作物登録およびエスクロウサービスについて、ご説明いたします。

5月30日の説明会が満員御礼だったため、再度の開催です。どうぞ、ふるってご参加下さい。

 

開催日
平成24年7月25日(水)15:00−17:00

場 所

SOFTIC会議室 http://www.softic.or.jp/about_us/map.html


内 容

1.プログラム著作物登録について(約1時間)

 当財団は、昭和62年に文化庁より指定登録機関として指定され、プログラム著作物の登録を実施しております。
  http://www.softic.or.jp/touroku/index.html

 今回の説明会では、申請手続きの概要をご説明いたしますが、特に昨年6月より、複製物の電子媒体による申請が可能になったことを中心にご説明いたします。
  http://www.softic.or.jp/touroku/denshibaitai.pdf

  また、最近多くなっている多重譲渡によるトラブルに備えるための登録や、プログラムを担保として融資を受ける場合の登録手続きもご案内いたします。

 貴社の権利を明確化し、紛争処理に備えるためにも登録をお勧めいたします。


2.エスクロウサービスについて(約1時間)

 エスクロウはソフトウェアを提供するライセンサーが倒産等の事態に至った際に、エージェントであるSOFTICが預託されていたソフトウェアをライセンシーに開示し、当該ソフトウェアの使用継続を可能にするものです。

 欧米では既に30年以上前から、アメリカでは民間の会社等が、イギリスでは公的民間機関と民間の会社が、フランスはソフトウェア産業が母体の公益社団がエスクロウ・エージェントとして活動しており、日本では平成9年より、当財団がエスクロウ・エージェントとしてサービスをご提供しております。
  http://www.softic.or.jp/escrow/index.html

 ライセンシー保護の仕組みであると同時に、ライセンサーにとっては安定したビジネス展開の一助ともなるエスクロウサービスについて、サービスの概要や手続きの流れをわかりやすくご説明いたします。


3.質疑応答


定員等
30名。スクール形式。
*先着順。定員になり次第締め切らせていただきます。

料 金
SOFTIC賛助会員 無料
一        般 1000円 *当日会場にて申し受けます。お釣りのないようご用意ください。

申 込
申込書(ワード PDF)に記載の上、下記まで送信して下さい。
折り返し受け付けた旨ご連絡いたします。
*受講票は発行いたしません。
*申し込まれた方のご都合が悪い場合は、代理の方のご出席が可能です。

送信先

E-mail tou530softic.or.jp *スパム防止のためが全角になっています。半角@に直してお送りください
FAX   03-3437-3398


このページトップへ