ソフトウェア・エスクロウ

SOFTIC_logo

 この制度は、ソフトウェア提供者(ライセンサー)及びソフトウェア被提供者(ライセンシー)が、ソフトウェア取引を開始するにあたって、そのソースコードや技術情報等を第三者(エスクロウ・エージェント)に預託しておき、ライセンサーが破産あるいは事故等があった場合、エスクロウ・エージェントがエスクロウ契約で予め定められている開示条件の下でそのソースコード等をライセンシーに開示することにより(逆にその開示条件が成立しなければ、当該預託物が開示されることはありません)、ライセンシーの保護を図る制度です。

 当財団は、このソフトウェア・エスクロウを平成9年から実施しております。ソフトウェアを安心して長期に使用できるように、この制度をご活用ください。

[制度/手続きの概要]

ソフトウェア・エスクロウ制度の概要、申込み手続き等について紹介します。


[契約及び開示件数] (平成28年3月31日現在)

契約総数: 330件 
開示件数: 11件


詳しくは:

一般財団法人 ソフトウェア情報センター エスクロウ係

〒105-0001東京都港区虎ノ門5丁目1番4号 東都ビル
TEL 03-3437-3071 FAX 03-3437-3398
オンライン問い合わせフォーム
[案内図]

 

HOME