登録申請事務手続きの概要

登録申請事務手続きは概ね次のような手順で行われます。詳細は「プログラム登録の手引き」をご覧ください。

【1.事前検討】

「創作年月日の登録」、「第一発行(公表)年月日の登録」、「著作権の登録」及び「実名の登録」の4種類の登録 について内容、条件、効果等を踏まえ、どの登録申請を行うか検討します。

【2.準備】

次の資料を用意します。ただし、「創作年月日の登録」以外の登録の場合は、さらに関連する資料も必要です。
(1)申請書
(2)明細書
(3)プログラム著作物の複製物(マイクロフィッシュ 【注】 で作成します。)
(4)登録手数料納付書(47, 100円を 指定銀行に振込み、振込証明書を添付してください。)
(5)収入印紙(登録免許税に相当する収入印紙を申請書に貼付してください。)
* (2)と(3)は、そのプログラム著作物の初回申請時にのみ必要です。
* (4)の登録手数料は、過誤納の場合を除き返金は出来ません。申請後、取下や却下が行われた場合も返金できませんので、ご了承下さい。

[添付資料の取り扱い変更のお知らせ]

【3.申請】

資料を郵送(簡易書留)又は持参してください。当財団は、申請者に対して受付通知書を発行し、審査の後、登録します。

【4.登録完了後】


【注】マイクロフィッシュについて

    プログラム著作物の複製物は、日本工業規格で定めるA6判マイクロフィッシュで作成します。
    マイクロフィッシュ作成企業等については[ 社団法人日本画像情報マネジメント協会 ]のホームページから参照できます。